スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口臭の種類には?



口臭を気にしている人はとても多いことでしょう。


自分のニオイは自分ではなかなか自覚しにくいであると言われていますが、ふとした瞬間に、もしかして、自分には口臭があるんじゃないかと思うことも少なくないはずです。


それに、自分の口臭だけでなく、話している相手の口臭が気になることもありますよね。


一度、口臭が気になってしまうと、楽しい話をしていても、話していること自体が苦痛になることもあります。


口臭というのは、主に、口腔の細菌や唾液の分泌量、食べカスなどが原因になることが多いです。


また、歯磨きなどをきちんとしているのに口臭が改善されありませんからあれば、何らかの病気が口臭の原因になっているのかもしれません。


口臭にも、複?のの種類があるのです。


まず、代表的なよくありがちな口のにおいが生理的口臭です。


生理的という名前が表わしている通り、自然な口臭で、誰にでもあります。


特に、起床直後に口臭を感じる方はおおいかもしれません。


あの臭いが生理的口臭です。


生理的口臭は、緊張して唾液の量が減少したり、空腹時にも発生する可能性が高くなるでしょう。


でも、食事をしたり、歯磨きをすると口臭は改善されます。


もう一つのよくある口臭が、食べた物や飲んだ物によって発生する口臭です。


例えば、ニンニクやネギ、お酒、コーヒー、タバコなどが原因の口臭ですね。


最も問題になる口臭は、病的な口臭ですね。


病的な口臭の場合には、歯磨きをしても改善しませんし、原因がわかっても解消するまでに時間がかかるでしょう。


口臭の原因となる代表的な病気には、虫歯や歯槽膿漏等の口の中の病気があります。


その他にも、鼻や喉の病気、肝臓の病気、胃腸の病気、糖尿病なども、口のにおいの原因になります。











口臭対策・口臭を確認する方法


スポンサーサイト
最新記事
商品紹介
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。