スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口臭の種類には?



口臭を気にしている人はとても多いことでしょう。


自分のニオイは自分ではなかなか自覚しにくいであると言われていますが、ふとした瞬間に、もしかして、自分には口臭があるんじゃないかと思うことも少なくないはずです。


それに、自分の口臭だけでなく、話している相手の口臭が気になることもありますよね。


一度、口臭が気になってしまうと、楽しい話をしていても、話していること自体が苦痛になることもあります。


口臭というのは、主に、口腔の細菌や唾液の分泌量、食べカスなどが原因になることが多いです。


また、歯磨きなどをきちんとしているのに口臭が改善されありませんからあれば、何らかの病気が口臭の原因になっているのかもしれません。


口臭にも、複?のの種類があるのです。


まず、代表的なよくありがちな口のにおいが生理的口臭です。


生理的という名前が表わしている通り、自然な口臭で、誰にでもあります。


特に、起床直後に口臭を感じる方はおおいかもしれません。


あの臭いが生理的口臭です。


生理的口臭は、緊張して唾液の量が減少したり、空腹時にも発生する可能性が高くなるでしょう。


でも、食事をしたり、歯磨きをすると口臭は改善されます。


もう一つのよくある口臭が、食べた物や飲んだ物によって発生する口臭です。


例えば、ニンニクやネギ、お酒、コーヒー、タバコなどが原因の口臭ですね。


最も問題になる口臭は、病的な口臭ですね。


病的な口臭の場合には、歯磨きをしても改善しませんし、原因がわかっても解消するまでに時間がかかるでしょう。


口臭の原因となる代表的な病気には、虫歯や歯槽膿漏等の口の中の病気があります。


その他にも、鼻や喉の病気、肝臓の病気、胃腸の病気、糖尿病なども、口のにおいの原因になります。











口臭対策・口臭を確認する方法


スポンサーサイト

口臭の原因はなに?

社会で生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)を送る中で、人と接する機会が全く無いなんていう方は、ほぼいらっしゃらないと思いますが、人と接するにあたって気になるのが「口臭」ですよね。


会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)をしている時に口臭が気になる方もたくさんいらっしゃると思いますが、その口臭が発生する原因は様々あります。


例えば、歯周病(歯茎から血が出やすくなったり、歯茎が赤くなったり腫れているなどの症状があるようなら、早めに歯科医院に行ってください)や歯槽膿漏などという病名をよく聞いたことがあると思いますが、これも口臭の原因になるのです。


歯周病や歯槽膿漏(歯槽膿漏用の歯磨き粉というものも売られており、市販のものよりも殺菌力が強いそうです)は、歯垢や歯石などによって細菌が蓄積されることによって、歯茎に更に細菌が蓄積されやすくなってしまうそうです。


つまり、細菌が蓄積されることで、口臭が発生するというメカニズムなのです。


ちょっと見、関係無さそうに思える唾液、これも口臭を発生する原因の一つになります。


口の中には、無数のバクテリアが存在しているのですが、唾液の量が減少する事により、バクテリアの数が増加してしまうはずです。


バクテリアの数が増加すると共に、口臭も発生するのです。


年齢を重ねると代謝も悪くなり、唾液が分泌される量が減少していくので、口臭が発生する要因が増えていくといわれています。


他にも、消化器系の疾患が原因で口臭が発生することもあります。


消化器系の疾患にかかると、便秘や食欲不振・吐き気などを起こすことがありますよね。


これは、体の中の老廃物を体外に排出する機能が弱ってしまっている状態なのです。


そして、老廃物が体内にたまったままだと、やはり体内で細菌が繁殖し、それが口臭に繋がることもあります。


こういった場合には、病院で治療を受けたり日常生活を改善することで、口臭を抑えることが出来るでしょう。








子供で口臭がある場合は何かの病気?

普段から口腔内や歯のケアをまめにされている方であれば、ほんの些細な口臭でもすぐに気がついてケアすることが可能でしょう。


しかし、これが子供となると、自分では口臭に気が付くことができないのです。


もし、ご自身のお子さんに口臭を感じた場合、ご両親がケアしてあげる必要があります。


子供の口臭の最も大きな原因は、「口呼吸」だと言われています。


口臭は、口腔内が乾燥することで自浄性が低下するために発生してしまいます。


ただ単に、その子の癖で口呼吸(おしゃぶりをやめるのが海外に比べて早いのが口呼吸の習慣がついてしまう原因になると考えられています)をしてしまうだけなら問題は無いと思います。


でも、鼻や呼吸器系に問題があって口呼吸をしてしまっているケースもありますので、心配なようであれば一度耳鼻科や小児科などで受診して頂くことをオススメします。


ただし、子どもの口臭の原因は口呼吸だけではありません。


子供も大人と同じように、虫歯になったりすることがあります。


歯科検診で虫歯の疑いがあると言われたにも関わらず、治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)に行ってないなんてことありませんか?


やはり、虫歯を未処置のまま放置しておきますと慢性的に炎症を起こし、口臭を発生させる原因にもなりかねません。


子供ですと上手く歯磨きをすることが出来ない子も多くいますから、ご両親がうまく歯を磨くことが出来る指導してあげると、口臭も未然に防ぐことが出来ると思います。


虫歯など病的な要因だけでなく、臭いの強い食べ物を食べた場合でも、口の臭いを発生させる可能性があるでしょう。


お子さんに、何か食べ物を食べた後はすぐに歯磨きしようねと、歯を磨く癖をつけてあげるといいかもしれませんね。










舌苔とピロリ菌があると口が臭くなるのか?

舌苔やピロリ菌(1983年にオーストラリアのロビン・ウォレン氏が発見した細菌の一種です)があると、口が臭くなるというのは、現在では多くの方が知っている知識です。


どちらにも口臭を発生させる原因となる菌が含まれているからといわれているのですが、発生のメカニズムや口の臭いとの絶対的な因果関係については、まだはっきりとはわかっていない部分も多いようです。


まず、舌苔だからといって、粘膜から脱落した上皮細胞や細菌、食べかすや血球から構成された成分です。


細菌は口のにおいの原因となりますし、他の成分も口臭の源となります。


舌苔が付着する原因としては、口の中の衛生状態が悪いこと、ストレスや加齢、緊張症や自律神経失調症、糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)などによる唾液の分泌量の低下、基礎体力の低下や免疫力の低下などが挙げられます。


そこで、舌苔(必要な量を残さないと、かえって口臭の原因になるでしょう)を除去することが口臭予防のひとつと言われていますが、この際、除去の方法には十分に注意して行うようにして下さい。


あまり強くかきとると、舌の表面にある舌乳頭という組織が剥ぎ取られて、口臭が更に増すようになってしまうこともあります。


また、味を感じる味蕾といった器官を傷つけてしまい、味覚障害になってしまうこともあるそうです。


舌苔の除去は専用のブラシなどを使って、優しく行うようにしましょう。


次に、ピロリ菌と口臭の関係です。


それまで口臭のなかった人が急に口の匂いがきつくなり、胃の中で見つかったピロリ菌を除去したところ口臭が治まったことから、その関係性が指摘されるようになったということです。


一節には、ピロリ菌と口臭の原因菌とが同じものだから、というものもあるようですが、ハッキリとした理由はまだ解明されてはいないようです。










口臭外来の病院について!

もしかしたら、自分の口が臭っているかもなんて、不安になったことがある方も少なくないことでしょう。


口臭が気になっているけれど、歯科医院に行ったらいいのか、内科に行ったらいいのかわからなかったり、口の臭いとなるとなんだか恥ずかしくて病院に行けないという方もいるのではないでしょうか。


世間一般にはあまり知られていないようなんですが、実は、「口臭専門外来」という物があり、歯科医院で治療するよりも更にきめ細かい検査や指導をしてくれるのです。


診察は一般の病院となんら変わりはなく、初診時に問診表に自分の症状などを記入し、担当医の方とお話します。


その次に、自身の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)に対して処置を行っていくのですが、ここで口臭測定器を使って口臭の度合いを測ります。


ここで何の異常も無ければ、自分自身の思い込みだったとわかり、安心出来ますよね。


それでも心配なようであれば、唾液検査を受けることが出来ます。


口臭の元となる唾液は、細菌を繁殖させたりする働きを持っていたりするので、しっかりと検査しておきたいポイントです。


一般の歯科医では唾液検査を行ってくれるところは少ないと思うので、心配な方・気になる方は一度口臭外来(どんな検査や治療を行うのかはその医療機関によっても畭なるでしょう)で唾液検査だけでも受けてみるといいかもしれませんね。


検査を受ければ、唾液の質や量なども知ることが出来るので、貴方の数値を知っておくだけでもいいと思います。


少しでも口臭が気になるようであれば、是非一度、口臭外来に足を運んで今の自分自身の状態を把握してみて下さい。






最新記事
商品紹介
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。